×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語 看護師 求人

看護師が英語を活かせる施設の求人とは?

英語 看護師 求人

英語を活かして働ける職場って、
本当に多くあります。

 

しかも、まだまだ英語が得意だという看護師が少ないのが現状なので
そういった職場でもかなり重宝される傾向があります。

 

結果的に、給料が高くなったり好待遇が期待できるのがメリットです。

 

 

ただ、求人えらびにはコツが必要になりますので
その内容についてもこのサイトではまとめていきますね。

 

 

 

 

このサイトでは、

 

【英語を活かして活躍できる職場】

 

【求人を見つける方法】

 

この2つをわかりやすくまとめていきますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

英語 看護師 求人看護師が英語を活かせる職場とは?

 

看護師としての資格をお持ちで、かつ英語を活かして仕事をしたいと思われている方の場合、働く場は様々です。
そういった場合にどのくらいの英語力が必要とされるのか?
この部分は企業側の考えや、職種によって様々です。

 

もちろん、TOEICなどで好成績をお持ちの方は優遇される場合もありますすが、
特にこういった試験結果などは必要ないという場合が多いです。
というのも、看護師が英語を活用して働く場合、ほとんどの場合は【英語力】というよりも
【英会話スキル】の方が必要になってきます。
基本的には一般会話レベルの英会話スキルがあれば働ける職場ばかりになっていますので
ご安心ください。

 

 

インターナショナルスクール

地方でも最近増えつつあるインターナショナルですが、
小学校・中学校・高校と外国人の子供や帰国子女が通う学校になります。

 

こういった学校では、英語が共通語とされている学校が多いので
看護師が保健室で働く場合も英語力を活かすことができます。

 

専門用語などを使う機会はまずないので、一般レベルの英会話ができれば
問題なく働くことができます。

 

 

 

プリスクール

英語を活かして看護師が働ける職場の中で、
このプリスクールは求人数としてはかなり多くなっています。

 

英語教育に力を入れている保育園のことですね。
都心部以外にも、英語教育に力を入れている保育園は地方でもかなり増えてきているので
その保健室・医務室で看護師として働くことができます。

 

 

 

英語での診療が可能な病院

英語での診療が可能な病院・クリニックが都心部を中心に増えてきています。

 

最近は外資系企業の増加によって外国人移住者が増えてきていますから
その付近にある病院・クリニックでは英語診療に対応している所も増加傾向にあります。
特に都心部に求人が多い傾向にあります。

 

 

 

外国人利用者が多い病院

上の【英語での診療が可能な病院】との違いは、
公式に「英語での診療ができますよ」とは病院側が言ってはいませんが、
外国人利用者が多い病院ということ。

 

外国人居住者が多い地域にある病院では外国人利用者が
多いという病院もあります。

 

また、世界から日本という国自体に注目が集まってきていますので、
観光地には外国人利用客が多い病院も増えてきています。

 

こういった病院やクリニックでは英語で会話ができる看護師が重宝されますので、
そのぶん働きやすい職場となっています。
都心部だけではなく、地方での需要も増えてきています。

 

 

 

外資系の製薬会社

英語を話せる看護師には臨床開発モニターとして外資系の
製薬会社で働くという選択肢もあります。

 

基本的には新薬の開発業務に携わるわけですが
海外にある系列会社とのやりとりや、社内にいる外国人社員との会話の際に
英語を話す必要がでてきます。

 

また、開発・研究という仕事ならではの英語力としては「英語で記された文献を解読する」という
仕事も業務に含まれますので、
英会話だけでなく英語の読解力も必要になってきます。
外資系企業ということで、給料が高いメリットもあります。

 

 

 

外資系企業の医務室

外資系企業に設置されている医務室で看護師として働くことも可能です。

 

医務室に勤務する場合には英語能力だけでなく、
ある程度のパソコンスキルも必要になります。(基本的にはエクセルetc)

 

こういった外資系会社は給料が高いというメリットもありますので
看護師からの人気も高い職場となっています。

 

英会話のレベルについては、外国人社員との会話などで使うことがほとんどですので
一般的な会話が英語でできれば仕事をこなしていくことが可能です。

 

 

 

クリニカルエデュケーター

このクリニカルエデュケーターという仕事は
日本ではまだ馴染みのない職種ではありますが、実は海外では何十年も前から
医療業界では主流となっている職種です。

 

主な仕事内容としては、病院などの医療機関・介護施設などで仕事をしている
医師・看護師を訪問してその分野に関わる最新情報を提供するという仕事内容です。

 

英語の文献を理解する・日常的なコミュニケーションを
英会話でできるというスキルを磨いていきます。

 

 

 

空港で働く

空港は外国人の利用者が多いという特性もあり、空港内に設置されている救護室
働く看護師には英会話スキルが必要となります。
基本的空港内にある医務室での仕事内容としては
怪我や病気の応急処置が必要となるため、基本的な日常会話レベルの英語力が必要です。

 

また、救護室以外にも空港内にはクリニックが設けられています。
これは救護室とは異なり、医療法人などが運営している診療所となります。
もちろん、このクリニックで勤務する場合にも英語を活用して働くことが可能です。

 

そしてもう1つ、英語を話せる看護師が空港で活躍できる仕事があります。
それが、【検疫官】という仕事。
空港内で検疫感染症に対する予防業務や、予防接種などを
行う仕事内容になります。
この場合、厚生労働省に入職する形になりますので、国家公務員としての待遇を受けることができます。

 

 

 

外国人旅行者が多いホテルにある医務室

外国人旅行者が多いような規模の大きいホテルにある医務室でも、
看護師は働くことができます。

 

ホテル内に設置されている医務室に足を運ぶ人は
外国人旅行者も多いため、一般的な英会話スキルがあれば就業可能な仕事になっています。

 

 

 

 

上記にまとめましたとおり、看護師が英語力を活かせる職場って
本当に多種多様なんですね。

 

ただ、その中でもいかに条件が良い施設を見つけるかという部分も重要になってきます。
同じ仕事をするにしても、給料が良かったり
残業が少なかったりと雇用条件が良い求人はいくらでもあります。